本文へジャンプ

ラ・ファミーユのこだわり ラ・ファミーユは厳選された素材を使用し、職人たちが洗練された技術でひとつひとつ丁寧に仕上げ、最高の美味しさをお届けしています。

こだわりの四国素材

とりたて「もぎたて」の美味しさにこだわった、川西さんの「朝採れイチゴ」

川西さんの「朝採れイチゴ」

川西さんのイチゴ畑では、水耕栽培したイチゴをとりたて「もぎたて」にこだわり、早朝から収穫していきます。ラ・ファミーユではそのこだわりイチゴを鮮度を保つため枝つきのまま届けていただいています。(12月から翌年5月ごろまで)

日本一のゆずの里、高知県馬路村の「ゆず」

高知県馬路村の「ゆず」

百年を超す古木も多い、日本一のゆずの里、土佐馬路村。南国・土佐の太陽に育まれた柚子の香る、ダックワーズやギモーヴをお作りしています。

讃岐の澄んだ空気と豊かな清流が織り成す農場で作られた卵「それいゆ(太陽)」

「それいゆ」開発者 高島さま

洋菓子用にコクのある卵を作って欲しいと依頼したところ、独自にマリーゴールドを使った飼料を開発していただき、「それいゆ」が誕生。生みたての卵が農場から届きます。

瀬戸内海を望む香川県五色台、中田養蜂場の「百花蜜」

中田養蜂場 中田さま

瀬戸内海を望む香川県五色台果樹園に創業80年を越える中田養蜂場があります。中田養蜂場で作られる上質な蜂蜜はケーキの香りを引き立てしっとりとした食感を生み出します。

全国菓子大博覧会名誉総裁賞を受賞 三谷製糖所の「和三盆糖」砂糖の最高峰、和三盆糖を作り続けて200年。伝統ある三谷製糖所から希少な和三盆糖を分けていただきました。なめらかできめ細かい和三盆糖は本場フランスのパティシエ達をも唸らせます。

讃岐で10年の歳月をかけ、開発した小麦。さぬきの夢2000

さぬきの夢2000を作る 吉原さま

黄金のバウムクーヘン

香川で10年の歳月をかけ、開発された香川県産の小麦粉「さぬきの夢2000」。

うどんはもちろん、焼き菓子との相性も抜群です。ラ・ファミーユの黄金バウムのしっとりとした食感はこの「さぬきの夢2000」から生まれます。

こだわりの塩 高知室戸海洋深層水の塩 数千年の時をかけ、ゆっくりと地球規模で廻る海洋深層水は、きわめてピュア。そこから取れるミネラルバランスを壊さず、豊かな栄養をそのまま含んだまろやかな海塩が、甘さが残らないスッキリとした味わいを演出します。

こだわりの技術

  • ラ・ファミーユのパティシエたちは、長年培った技術で湿気や、気候を読みます。
  • その日の気候によって焼き方を調節する職人技でケーキに命を吹き込みます。
  • 「生きているケーキ」を作ることでみなさんに笑顔を届けます。

みなさんに笑顔を届けます。

〜ラファミーユのバウムクーヘンができるまで〜

  1. Process 1, 生地のメインになる“高島さんの卵「それいゆ」”黄金色の卵がすごいスピードで割られていきます。
  2. Process 2, ミキサーボールの中で卵・砂糖・蜂蜜・小麦粉が少しずつなじんで黄金色に輝きます。
  3. Process 3, 空気を抱き込みふっくらつややかな生地が出来上がります。
  4. Process 4, 心棒に、一層一層丁寧に生地をかけていきます。
  5. Process 5, 職人が微妙な焼き色を見ながらふっくら柔らかに焼き重ねていきます
  6. Process 6, 幾層にも焼き重ねられたずっしりした手焼きバウムクーヘン。
  7. Process 7, あら熱が取れるまで休ませて、和三盆で作ったシュガーフォンダントでコーティング。

バウムクーヘンを作るパティシエたちは、長年培った技術で湿気や気候を読みます。その日の気候によって焼き方を調整する技はまさに職人技。 他のプロのパティシエたちを持って彼らの作るバウムクーヘンは「いつも生きている」と言わしめます。